赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
カウフマン療法

カウフマン療法

不妊症の治療のひとつにカウフマン療法という方法があります。

カウフマン療法は、無月経や生理不順の人にたいして行われる不妊治療法で、薬剤を用いて規則的な月経周期を人為的に作るものです。

カウフマン療法の対象となる不妊の症状は、月経持続期間異常(過長月経)、月経血量異常(過多月経)、月経周期異常(第1度無月経、第2度無月経、揮発月経、稀発月経)、早期月経、機能性子宮出血などです。

カウフマン療法では、月経周期の低温期の時期にはエストロゲン(卵胞ホルモン)を投与し、高温期にはエストロゲンに加えてプロゲステロン(黄体ホルモン)を投与します。薬剤を投与することにより、正常な体内ホルモンのバランスを整えている間は、卵巣は機能を停止しています。

このためカウフマン療法を行っている期間中の基礎体温は低温期と高温期の二相グラフを示しますが、排卵自体は行われていないため妊娠をすることはありません。

カウフマン療法は、それ自体に排卵を誘発させる作用はありませんが、三ヶ月から半年程度治療を続けることで不足している体内のホルモンを補い、正常な月経周期を患者の身体に覚えさせることが目的です。

この治療を行うことによりリバウンド現象が引き起こされ、自然な排卵と正常な月経周期のリズムを取り戻すことができます。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.