赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
ゴナドトロピン療法

ゴナドトロピン療法

不妊治療のひとつにゴナドトロピン療法という方法があります。

ゴナドトロピン療法は「hMG?hCG療法」と記述されることもあります。この方法は、卵胞期にhMG注射を打って卵胞の成熟を促進させ、卵胞が十分に育ったらhCG注射を打って卵子を排卵させるという治療法です。

ゴナドトロピン療法は、排卵障害や第2度無月経(第1度無月経よりも重症の場合)の患者を対象とした治療法でとても効果の高い排卵誘発法です。無月経の不妊治療の場合は、まず経口薬のクロミッドなどを用いて治療が行われます。

クロミッドには副作用があり子宮頸管粘液が減少したり子宮内膜が薄くなってしまったりという症状が出る場合があります。クロミッドを使用しても排卵がうまく起こらなかったりこのような副作用が出てしまった場合には、ゴナドトロピン療法が行われることになります。

また、比較的不妊症状が軽い第1度無月経で、多嚢胞性卵巣症候群などの患者さんでもクロミッドによる治療の効果が出ない場合にはゴナドトロピン療法に切り替えられる場合もあります。

ゴナドトロピン療法は経口薬のクロミッドを使用するよりも排卵誘発作用が強力ですが、現在は注射による投薬方法でしか行われていないため、毎日から1日おきに注射が行われることになります

。血管注射ではなく筋肉注射になるため、ときには強い痛みを伴うこともあります。筋肉注射は肩か臀部に打つのが一般的ですがどちらかと言えば臀部のほうが痛みは少ないためそちらに打たれるケースが多いようです。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.