赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
人工授精

人工授精

不妊の治療のために内服薬を使用したり注射を用いて排卵誘発を行ったり、受精のタイミング指導を受けてもなかなか妊娠までいたらずフーナー検査の結果も思わしくない場合などには、次のステップとして人工授精を勧められる場合があります。

人工授精を行う際には超音波エコーなどで排卵日を予測し、その当日に採取した精液を用いて受精が行なわれます。採取日より前の5日間は禁欲が必要になります。採取された精液は運動率や奇形率、精子の数などを調べられて洗浄濃縮の処理をされた後受精がよりスムーズに行われやすい状態にするために、専用の培養液の中で培養されます。

その後、元気な精子が選別されて患者の子宮内に注入され、人工授精は終了となります。

人工授精の成功率は日本国内では約10%前後となっており、他の不妊治療法と比較した場合、妊娠率が非常に高い治療法とは言えないのが現状です。人工授精による不妊治療を続ける目安としては、治療を受ける人の年齢やかかっている病院の設備・方針などにもよりますが、だいたい5回から10回程度行われるのが一般的です。

人工授精を行っても妊娠までいたらなかった場合には、更に高度な不妊治療の体外受精へと治療方法をステップアップさせて行くことになります。

残念ながら、人工授精は保険が適用されない治療法となっています。1回の人工授精にかかる費用は、平均して1万円から2万円前後の場合がほとんどです。

人工授精を受ける際には費用が全額自己負担になりますので、事前に担当医師に金額の確認をしておくことをおすすめします。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.