赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
体外受精

体外受精

日本では不妊で悩んでいる夫婦が10組に1組ほどの割合でいると言われています。

不妊症のそれぞれの夫婦によって、ひとつの原因で不妊になっている場合や、複数の原因によって不妊になっている場合、原因不明の不妊など、さまざまなケースがあります。現在では不妊治療は年々技術が進歩しており、少し前までは原因が不明と言われていた不妊の症状も、徐々に原因が解明されて来ています。

不妊症の治療法のひとつである体外受精も現在では治療法が確立され、技術も向上・普及して来ているため、全国で体外受精を受けることのできる医療機関が増えています。

体外受精の対象となるのは、人工授精などの不妊治療を続けても妊娠にいたらなかった場合や、卵管閉塞などの器質的な原因による不妊の場合になります。

体外受精による不妊治療は1978年にイギリスで初めて成功し、1983年に日本でも治療に成功しました。以来、現在までに約6万人の赤ちゃんが体外受精によって誕生しています。体外受精は、残念ながら現在は保険の適用外となるために、治療にかかる費用は全額患者の負担となります。

体外受精の治療費は病院ごとに異なっており、一回の治療が平均30万円から50万円に設定されているところが多いようです。他の治療法に比べて治療費が高額になっている体外受精ですが、体外受精による妊娠率は日本国内では平均25%となっています。

行うことで絶対に成功する不妊の治療法とは言えませんが、他の治療方法と比較すると妊娠の可能性はわずかながら高くなっています。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.