赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
排卵誘発剤

排卵誘発剤

不妊症の症状で、月経周期が長かったり安定しなかったりする場合や、月経はきちんと毎月来ているけれど排卵がされていない無排卵性月経の場合、月経が来ない場合などには排卵誘発剤を使用しての不妊治療が行なわれます。体内で排卵が行われていなければ当然妊娠することが出来ません。

排卵誘発剤による不妊治療は、排卵がなかったり排卵が安定していないような不妊症のケースには、非常に有効な治療法になります。

排卵障害が原因となっている不妊の治療で使用されることが多い排卵誘発剤は、注射ではhMG、ヒュメゴンなどの種類があり、内服薬ではクロミッド、セキソビットなどがあります。注射による排卵誘発は内服薬に比べて効果が強いことが特徴ですが、卵巣に直接影響を与えて卵胞の発育を促進させるため、一度に複数の卵子の排卵が起こるケースが多く、双子や三つ子が生まれる可能性が他の治療法に比べて20%ほど高くなるという結果が報告されています。

排卵誘発剤の使用による多胎妊娠が問題になる場合もありますので、注射による治療を行う際には主治医や家族とよく相談してから行いましょう。

不妊治療用の内服薬は、月経の開始後3日?5日目から服用をスタートし、5日間毎日飲み続けることにより排卵を促します。不妊治療の経口排卵誘発剤としては、クロミッドが用いられることが多くなっています。

クロミッドは強い排卵誘発作用があり、使用することで排卵が起こる可能性が高い薬ですが、その反面副作用によって子宮頸管粘液が減少してしまう場合もあります。

セキソビットは排卵誘発の効果はクロミッドに比べると多少劣りますが、排卵が成功した際の妊娠率が高いというメリットがある薬です。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.