赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
漢方による不妊治療

漢方による不妊治療

不妊の治療法には、病院などに通って治療を受ける西洋医学の治療法の他に、東洋医学の漢方薬を用いて行なわれる治療法があります。

漢方薬による不妊治療は、病院で処方される薬のように即効性のある治療法とは異なり、継続して服用することによって不妊症の患者の体質を改善していく方法です。

漢方による治療は、「不妊=女性の体内ホルモンのバランスが崩れている状態」という考え方に基づいて行われます。

漢方薬を用いることで体内のホルモンのバランス状態を整え、妊娠しやすい身体を作ることを目指して治療が行なれます。女性不妊の治療でよく使われている漢方薬には、弓帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、温経湯(うんけいとう)やなどがあり、これらの薬は月経異常や生理不順などに効果があるとされています。

また、全身の血行を改善して、ホルモンのバランスを整える作用がある涌出(ゆうしゅつ)という漢方薬も、不妊治療にはよく用いられています。

漢方薬を使った不妊の治療には、月経のサイクルによって服用する薬を変えて行う周期療法という方法もあります。周期療法は、子宮内膜が十分に厚みを持ち、受精卵が着床するのを待つ「黄体期」、原始卵胞が選択される「月経期」、卵胞が成熟して内膜が厚くなり始める「卵胞期」、成熟した卵胞から卵子が排出される「排卵期」、の四つの月経サイクルに合わせてその周期に合った漢方薬を使用するものです。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.