赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
漢方を使った男性の不妊症改善

漢方を使った男性の不妊症改善

不妊症の原因は、現代のストレス社会において女性だけでなく男性にあることも少なくありません。

男性の不妊症の原因としては、精液の量が少ない精液減少症や精子の数が少ない乏精子症、精子の運動率が悪い精子無力症などが挙げられます。

男性の不妊症治療によく使われる漢方薬は、人参栄養湯(にんじんえいようとう)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などで男性の精子の数を増やしたり精子の運動率を上昇をさせるなどの効果があります。

しかし、誰でもこれらの漢方薬を服用すれば不妊症が改善されるというわけではなくそれぞれの男性の体質や不妊症の程度などによって使い分けがされます。

漢方で不妊症治療をしようという男性は漢方を専門に扱っている漢方薬局で自分の証(実証・虚証)に合った漢方薬を専門の薬剤師に処方してもらうと良いでしょう。男性の身体は女性と同じようにデリケートにできています。

ストレス、病前病後、タバコの吸いすぎ、睡眠不足、二日酔いといった日常の些細な出来ごとによって、精液の量や精子の数の増減に影響が及んでしまいます。精液検査に対する緊張や不安によっても精液の量や内容が変化しますのでできるだけ体調を整え、リラックスして検査を受けるようにしましょう。

一度の検査で精液や精子の量が少ないという結果が出ても、その日の体調や気分が関与していた可能性があります。男性の不妊症に効く漢方を上手に利用して、ストレスに負けない健康な身体へと体質を改善していきましょう。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.