赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
基礎体温表をつける

基礎体温表をつける

月経の周期が安定していて不妊の自覚がない人でも、不妊症の可能性はあります。子供を作ろうと思ってもなかなか叶わない場合には、まず基礎体温を毎日測定してグラフにつけてみましょう。

必ずしも「月経がある=排卵がある」ということではありません。基礎体温を毎日測ることによって、排卵の有無を確認することができます。

月経があっても排卵が伴っていない場合、そのような月経は"無排卵性月経"と呼ばれ卵巣機能不全の可能性があり、不妊の原因のひとつに該当します。

正常な排卵のある女性の場合は、だいたい28日周期で月経が始まります。月経開始の日から14日前後の間は基礎体温は低温を示します。

排卵日を境に基礎体温が0.3度から0.5度上昇して、そこから14日間は高温を示した後、再び体温が下がって月経が開始されます。

排卵が定期的に行われている場合は、基礎体温は一定のリズムを保って変化するのでグラフにははっきりと二相性が現れます。生理不順の女性の場合は基礎体温が毎日ばらばらで、低体温期と高体温期にきちんと分かれることがありません。

二相性を示す場合でも、どちらかの期間が長くもう片方が短くなったりする場合には、ホルモンの分泌が偏っていたり排卵が行われていないことがあり、身体が不妊の状態になっている可能性があります。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.