赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
顕微授精

顕微授精

不妊治療の中には顕微授精と呼ばれる方法があります。

顕微授精は、通常の体外受精では受精することができない(高度受精障害)場合や、重症の男性不妊症の場合に行われる治療法です。体外受精は現在の不妊治療の中では最先端とされる治療法のひとつですが、顕微授精はさらに精密で高度な技術を用いて行われる治療法です。

体外受精は卵子と精子を体外で媒精し受精させ、培養した受精卵を子宮内に戻すと言うものですが受精自体は自然に行われるのに任せる方法です。顕微授精の場合は顕微鏡で卵子を見ながら極細のピペットを使い卵子の中に直接精子を入れて受精を行います。

卵子の中に直接精子を入れて受精を行うため、精子がひとつあれば顕微授精によって受精を行なうことが出来ます。顕微授精には細胞質内精子注入法(ICSI)、透明帯開孔術(PZD)、囲卵腔内精子注入法(SUZI)の三種類があります。

この中では細胞質内精子注入法(ICSI)の成功率が最も高くなっていることから、現在は顕微授精における主流の方法となっています。

顕微授精の治療法は現在は残念ながら保険の適用外となっているため、全額自費負担の治療法となりますので注意しましょう。

顕微授精の治療にかかる費用は体外受精の場合に比較して約10万円前後高額になるケースが多いようです。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.