赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
指圧

指圧

不妊症の症状の改善には、東洋医学(鍼灸医学)の指圧によるツボの刺激が効果があると言われています。

指圧や鍼灸によって体内のツボを刺激することで、身体が持っている本来の機能を呼び戻し、卵巣や子宮の働きを正常にして生殖機能を向上させることによって、不妊の症状が出ている状態から妊娠しやすい体質へと改善させていきます。不妊体質の改善によく効くと言われているツボに三陰交があります。

三陰交は足の内側のくるぶしの上端から指の幅4本分上がったところにあります。ホルモンのバランスを整えたり、生理不順の改善や冷え性の緩和に効果があります。その他に曲泉というツボがあり、女性の不妊に効果があるとされています。生殖器の機能異常に関係の深いツボで、膝の内側のくぼみのところにあります。

ツボを指圧する場合は両手で包み込むようにして、足首から膝上のところまで押しながら徐々に上げて行き、膝の上まで行ったらまた足首まで押しながら戻ります。

男女両方の不妊体質に改善の効果があるツボに気海があり、臍と恥骨の結合部を結ぶ線上の、臍から下へ約3センチほどの部分にあります。

下腹部にあるツボなのであまり強い刺激は避けて、温灸や軽い指圧による刺激が良く、男女共に精力を増強させる効果があります。自分でツボを指圧する際には、一箇所のツボの指圧は3分以内にしましょう。

指圧はあまり強く押し過ぎないように注意して、呼吸に合わせてゆっくりと押すようにします。

パートナーと二人でお互いツボの指圧を行うと、不妊改善の効果がアップすると言われていますので、機会を作って二人で行うとより効果的です。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.