赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
男性の不妊症検査

男性の不妊症検査

不妊症の原因は、カップルの男女共に40%ずつ可能性があると言われています。男性にも、女性と同じ様に不妊症の原因を調べるためのいろいろな検査があります。

不妊治療の基本的な検診としては、幼児期の停留精巣、思春期以降におたふくかぜに掛かっていないか、開腹手術の有無、過去にかかった病気、夫婦生活は正常に営めているかなどの問診が行なわれ、その後で触診や視診によって精巣や精巣上体の検査が行なわれます。

次に精液の検査として、精液を採取して精子の運動率や数などを調べたり、白血球が通常より多く見られる場合には培養検査を行なって、体内の細菌の種類を調べます。精液減少症や無精子症の症状が見られる場合には、射精後に尿を採取して、膀胱に精子が逆流していないかどうかを確認する尿中精子検査を行ないます。

さらに採血を行って、卵胞刺激ホルモン、黄体ホルモン、男性ホルモンの数値を調べます。また、陰嚢部超音波検査によって、精索静脈瘤、精巣容量、精巣腫瘍の有無などを調べる検査も行なわれます。

これらの基本的な不妊症検査を行なっても不妊の原因が特定できない場合や、さらに詳しい検査が必要な場合には精密検査が行われます。

乏精子症や無精子症による不妊症の可能性がある場合には、陰嚢を1cmほど切開して、精巣組織のサンプルを採取し、造精機能を調べる精巣生検検査が行なわれます。

また、精子の染色体検査や精管に造影剤を入れて行なう精管精巣造影検査などが行なわれるケースもあります。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.