赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
不妊治療に使用される注射

不妊治療に使用される注射

不妊の治療では内服薬だけでなく注射や点鼻薬などを用いて治療が行われます。不妊治療によく使用される注射には、ヒュメゴン、HMG日研バーゴナルなどのhMG製剤(ヒト閉経ゴナドトロピン)や、フェルティノームPフォリルモンPなどのFSH製剤(HMG製剤の中からできるだけ黄体ホルモンを取り除いたもの)HCGなどのhCG製剤(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)などがあります。

これらの注射は不妊治療のタイプによってどの種類を使うか決められます。

hMG製剤(ヒト閉経ゴナドトロピン)は卵巣に刺激を与えて卵胞の成熟を促進するために使用されます。排卵しにくい体質の人や、体外受精のためにたくさんの卵子が必要な人に使われる注射で経口タイプの排卵誘発剤に比べて効果が高いのが特徴です。ただし、作用が強いために卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が起こってしまったり、多胎率が20%も上昇してしまうことがあるので使用には注意が必要です。

hMG製剤(ヒト閉経ゴナドトロピン)からできるだけ黄体ホルモンを取り除いたものをFSH製剤といいます。FSH製剤は、hMG製剤に比べて卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が起こりにくい薬です。そのため、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人などにはFSH製剤のほうが適しています。

hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)は黄体ホルモンや卵胞ホルモンの分泌を促進させる作用があり基礎体温の高温期を持続させるために黄体ホルモンの補充に使用されたり成熟した卵胞を刺激して排卵させたりするために使用されます。

これらの注射用の薬品は不妊治療を受ける人の体質や状況に合わせて、単独もしくは数種類を組み合わせて使用されます。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.