赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
不妊治療に使用される薬剤

不妊治療に使用される薬剤

自然な妊娠がなかなか上手く行かない原因が体内のホルモンのバランスにある場合には不妊治療で薬剤が使用されます。

排卵がない、または排卵しにくい人にはクロフェミン製剤のクロミッドやフェミロン、シクロフェニル製剤のセキソビットなどの排卵を誘発させる薬が投薬されます。これらの薬剤は月経開始から5日間のあいだ毎日飲むように不妊の程度に合わせて量を調整されて処方されます。

排卵誘発剤の効果はセキソビットよりクロミフェン製剤のほうが強い効果作用を持っていますがクロミフェン製剤を使い続けると子宮頸管粘液の分泌量が減少したり子宮内膜が薄くなってしまうといったような副作用があります。

子宮頸管粘液の分泌量が少なくなると、子宮内に精子がスムーズに入りにくくなってしまいます。

また、子宮内膜が薄くなると受精卵が着床しにくくなるなどこれらの副作用によって妊娠の可能性がかえって小さくなってしまうので注意が必要です。不妊治療の内服薬には黄体機能不全の治療に効果があり子宮内膜を育てる作用があるデュファストンやルトラール(黄体ホルモン製剤)というものがあります。

これらの薬は黄体ホルモンの不足を補うために処方される薬剤で子宮内膜を厚くさせて着床しやすいように整えたり、基礎体温の高温期を維持するのを助ける作用があります。

黄体ホルモン製剤は不妊治療として一般的によく使用されますが、服用することによって吐き気や胸の張り頭痛などの副作用が起こる場合がありますので注意しましょう。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.