赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
不妊治療の助成制度

不妊治療の助成制度

不妊症の治療にかかる費用は、高度な治療法ほど保険の適用外となっていることから治療費が高額になるケースが少なくありません。そのため長期に渡って不妊治療を続けていく場合には、経済的に大きな負担になる場合があります。

住んでいる地域の自治体によっては、このような不妊治療の費用を一部助成してくれる制度があります。

大阪府の特定不妊治療助成事業では、一定の条件を満たしている場合に不妊治療費の助成を行っています。大阪府内に居住していること、知事が指定している医療機関で不妊治療を受けて終了している(排卵誘発治療の段階で中止した場合などは対象外、採卵行為まで受ける必要がある)こと、特定の不妊治療法(顕微授精や体外受精)以外の治療法では妊娠が難しいと医師に判断されていることなどが助成対象の条件です。

また、一定の所得がある場合は助成を受けることができないので、確認が必要です。助成は1年度あたり2回まで受けることができ、治療1回に付き10万円まで費用が助成され、通算で最大5年間助成を受けられます。

不妊治療の助成制度は各自治体によって条件や内容が異なっているので、助成制度を利用する際には、自分が住んでいる自治体の不妊治療助成制度について役場などに問い合わせてみましょう。

自治体によっては、一般の不妊治療でも助成の対象になる場合もあります。インターネット上には各自治体の公式サイトがありますので、そこにアクセスすることで申請の方法や助成を受けるための条件を確認することができます。

また、申請時に必要な書類の記入方法が掲載されていたり、申請書類の書式ダウンロードも行うことができる場合がありますので不妊治療を受ける際にはチェックをしておきましょう。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.