赤ちゃん欲しい 不妊について

赤ちゃんを授かれるよう、いろいろな角度からお伝えします。不妊について。
ホームボタン
不妊症の原因を検査する

不妊症の原因を検査する

不妊症の可能性がある場合は、産婦人科医院で検査を受けましょう。不妊症の原因を探すための検査は複数あり、採血によるホルモンの基礎値測定、黄体機能が正常かどうかの確認、基礎体温測定による排卵の有無などの検査があります。

これらの検査によってほとんどの場合は不妊の原因となっている問題を発見することができます。排卵がきちんと行われていなければ、排卵誘発の治療を開始することになります。体内のホルモン値に異常がある場合には、投薬などによってホルモンバランスを回復させる処置が施されます。

月経の終了後に卵管の詰まりが無いかどうか確認する疎通性検査(通水検査)は超音波を使用して行われ、その結果によってはさらに造影剤を使用して卵管造影検査が行われることになります。

通水検査と卵管造影検査は、どちらも検査の際に多少の痛みがありますが、これらの検査をした後には卵管の通りが良くなるため、妊娠の可能性が大きくなります。

月経の終了後に排卵の時期が近くなると、超音波エコーを使用して卵胞の成熟度や大きさを調べる検査が行われます。

その際に、子宮内膜の厚みも同時に調査されます。体内ホルモンのバランスが崩れて排卵に障害が起こっている場合は、受精卵が着床しやすい厚さまで内膜が厚くなっていなかったり、卵胞の発育が悪かったりしていることが多く、これらのことが不妊の原因となっています。

Copyright (C) 2014 赤ちゃん欲しい|不妊について All Rights Reserved.